ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]

校長挨拶                                       第37代 校長  佐伯 裕子



福岡中央高校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 また、日頃より本校の教育活動に御理解・御協力を賜り誠にありがとうございます。

福岡中央高等学校は福岡市中央区平尾に位置する県立高校です。本校は本年度創立120周年を迎える伝統校で、卒業生は約3万5千人にのぼり、各界で活躍しています。創立以来「誠意 仁愛 努力」の校訓のもと「文化の香り高い校風」と「品格に富む生徒の育成」を校是とし、社会の期待に応える人財の育成に努めて参りました。

本校は明治31年福岡市立福岡高等女学校として開校し、明治41年福岡県立福岡高等女学校となり、「県立高女」としてその後50年間女子教育の名門校の地位を保ちました。昭和24年学制により共学の福岡県立福岡中央高等学校となり、時代を闊達に生き抜く若者を輩出し続け、現在に至っています。明治大正昭和そして平成の御代にわたって旧校歌に謳われる「背振山の不動の姿 玄海波の不断の音」に親しみながら、時代の変遷にも屈せず脈々と落ち着いた学校文化を継承発展させて参りました。

さて、3月に告示された新高等学校学習指導要領やこの度の高大接続改革は、明治、戦後に続く大きな教育改革と言われております。幾多の時代の荒波を経てきた本校も、新たな時代を生き抜く生徒を育成するべく、不易なるものを堅持しつつ、柔軟に対応しながら、品性を備え、知・徳・体のバランスのとれた人間性豊かで逞しい生徒を育てる教育実践に職員一丸となって邁進しています。

平成30年3月の進路実績は国公立大学合格181名(うち九州大学12名)をはじめとし、多くの生徒が希望進路実現を遂げ、年々合格実績を積み上げてきています。部活動も盛んで、8割の生徒が加入し、文武両道で熱心に活動しています。平成29年度は6つの部活動が全国大会に出場し、九州大会に4部、多くの部が県大会進出を果たしています。17の体育部と22の文化部があり、部活動にも本校の特性と伝統が根付いています。詳細はどうぞこのホームページでご覧ください。

四季折々の学び舎の風雅を愛で、学業、部活動、行事に青春の一瞬一瞬を賭け、自らの将来を形作り、生涯の友と出会う場、福岡中央高校。「故きをたずね今を知り、これからも進み行く世に尽くす」信頼される県立高校であり続けます。どうぞよろしくお願いいたします。
 

 ホーム
福岡県立福岡中央高等学校〒810-0014福岡県福岡市中央区平尾3-20-57
Tel:092-521-1831 Fax:092-526-0189